オステオスペルマムの育て方

ただいまログインなし ログイン会員登録(無料)する
あいあいパーク
〒665-0881 兵庫県宝塚市山本東2-2-1TEL:0797-82-3570
トップページ 施設紹介 営業時間 アクセス メルマガ登録 新着情報 ネットショッピング クチコミ相談
インターネットショップ
グリーンショップ ペオニア
あいあいギャラリー
生活雑貨 たくみの森
グッドホーム大阪
フェア情報
開催中のフェア情報
その他のイベント
オープンガーデンフェスタ
講座情報
レギュラー講座一覧
無料園芸講座
寄せ植え講座
達人技ガーデニング 講座
団体来園講座
モデルガーデン
お庭づくりのプロ
コンテスト結果発表
【ライブラリーカフェ】
バンブルビー
【ベーカリーカフェ】
100円パンのヤキタテイ
あいあいニュース
あいあいパーク ネットショップ
 
オステオスペルマムの育て方
オステオスペルマム

●分類:キク科オステオスペルマム属 半耐寒性宿根草
●学名:Osteospermumspp.
●原産地:南アフリカ


特徴

以前はディモルフォセカ属に分類されていたのと、見た目が非常に酷似しているため、現在でもディモルフォセカとして売られていることもあります。オステオスペルマム属が別に設けられたようで、近縁種ですが、厳密には違います。ディモルフォセカは一年草で、葉のない茎に頭状花をつけますが、オステオスペルマムは宿根草で、花茎にも葉がつきます。Dimorphotheca(ディモルフォセカ)は、ギリシャ語の「dimorhos(2つの形) + theca(箱)」が語源で、「2つの形の果実」を意味します。種(たね)に2種類の形があるためで、Osteospermum(オステオスペルマム)は ギリシャ語の「osteon(骨)+ sperma(種子)」が語源で、種のつき方が違います。

花径4〜5?ほどの花で、春から夏にかけて長い間咲き続けてくれます。花色は、白、桃、桃色と紫色の中間的な色などが一般的でしたが、最近は、改良が急速に進み、品種は大変に多彩です。レモンイエローやオレンジの品種も出ています。花弁がくびれる変わった花形の品種もあります。基部が白い蛇の目咲きもあります。花は日中は開き、夜は閉じます。

寒さに多少弱いところがありますが、非常に丈夫で育てやすい宿根草です。越冬温度は5℃以上で、温暖地であれば地植えも可能です。鉢植えは冬季、霜や寒風を避けられる場所がよいです。耐暑性はありますが、暑くなってくると花がとぎれます。水はけの良い日当たりの良い場所を好みます。乾燥にも強いです。草丈は30〜50?程度です。

主な流通時期は2〜4月です。販売されているものは、矮化剤で草丈を低く抑えているものが売られていることが多く、庭植えすると、翌年は草丈が伸びます。

 

主な品種

エクロニクス種:スプーン弁の、かわった花弁をもちますが 高温期になると、花弁が普通の咲き方に戻ることがあります。 気温が落ち着いてくるとスプーン咲きに戻ります。

「ミラージュ・シリーズ」:多彩な花色のオステオスペルマムの中でも特にユニークな花色。株がコンパクトにしっかりと育ち、花首が垂れにくく育てやすい品種です。ブルーベリー、ブロンズチャーム、ピンクチャーム、サンシャインなど。

「ピクニック・シリーズ」:従来の品種は曇ったり夜になると閉じてしまいましたがピクニックシリーズは夜でも花が閉じにくく長期間にわたって花を楽しむことが出来ます。非常に多花性です。パステルピンク、レモン、ホワイト、ピンク、パープルなど。

「マリー」:ワインやカシスを思わせるシックで深みのある紫系の最高品種。

「スーパーホワイト」:ツボミや花弁の裏側がアイボリーを帯びてバニラのような色合いの品種。

「ニューピンク」:キュートな花色。グラデーションの美しいバイカラー咲き。

「パッション ミックス」:・まき時:9〜11月 開花期:2〜4月 発芽適温:18〜20℃ 今まで宿根草として栄養繁殖系品種が多い中でタネから育てる画期的な品種。草丈12cm程度で咲き始め、人目を引く鮮やかな花色の混合種子。(花径5?ほどで、白、ピンク、赤紫などの色)

「ザイール・バリエガータ」:バターイエローのツボミが日の光を受けるとパッと純白に開きます。クリーム色の斑入り葉も美しいです。

「アマンダ」(パープル)●「フィリップ」(ホワイト)●「ヘンリー」(イエロー):オステオスペルマムの育種で有名なサニー社の美しい品種。

「ピアス」 :外側に向かってピンクのグラデーションになるやさしいパステル調の品種です。柔らかな色合いは、どんな花色ともよくマッチします。

「メリテ」:涼しげな多花性のホワイト種。中心がうっすらと水色を帯びます。

「シンフォニー・シリーズ」:今までにない新鮮なカラーで強健。極早生で四季咲き性の強い品種です。従来品種より暑さに強く、夏場でも風通しの良い所であれば休まず咲きつづけ、長い間楽しむことができます。つややかな花弁を持ち、コンパクトで多花性で、花壇、コンテナ、ハンギングにも向いています。アカギシンフォニー、メロンシンフォニー、ノイマザーシンフォニー、ミルクシンフォニー、はるかシンフォニー、レモンシンフォニー、オレンジシンフォニーなど。

「ナシンガ」:花弁の中央部がくびれて先端がスプーン状に広がった花弁を持つユニークな品種。

「ビアンカ」: マーガレットに似たカラフルな花を咲かせる強健な宿根草。春から秋までずっと花を楽しめます。丈夫で育てやすく四季咲き性の強いオステオスペルマムです。花は春から晩秋まで咲き続けますので、長い間楽しむことができます。つややかな花弁を持ち、コンパクトで多花性。

 

株の選び方

早春に苗が園芸店などに顔を出しますので、これを買って育てます。下葉が濃い緑で元気が良く、根元がぐらつかない締まった苗を選びます。基本的には、低温に合わないと花芽はできません。春に苗を買う場合には、その時点で既についている花芽しかその年には咲かないので、枝数が多く、花芽がたくさんついている苗を選びます。下葉が枯れていたり黄変したものは避けます。

 

置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みます。酸性土にやや弱いので、苦土石灰をすこしまいてから植えつけます。寒さには比較的強いですが、霜や寒風からは敷き藁やフレームで保護します。寒い地域では、冬は明るい室内で管理します。3月以後から戸外に置きます。

夏は直射日光が当たらない場所にします。また、乾燥には強いですが、過湿になると根腐れを起こすことがありますので、庭に植えるときは水はけのよい場所を選びます。暖地以外では、庭植えにした株は、秋に鉢にあげて冬は暖かい場所で管理した方が無難です。 鉢植えの場合は、梅雨になれば雨のかからないところに移し、夏は半日陰で育てます。

 

水やり

春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏はやりすぎて加湿になると根腐れを起こしやすいので注意します。冬期は土の表面が乾いたら少量やります。

 

肥料

秋から初夏までは緩効性肥料を1ヶ月に1回程度根元にまいて肥料切れにならないように気をつけます。さらに、春からの開花期は多くの養分を必要としますので、薄めた液肥を月2〜3回水やり代わりに与えてください。夏は肥料を施しません。

 

開花後株の管理

咲き終わった花は枝分かれした上のところで摘み取ると五月ごろまで次々と咲いてきますので長く楽しめます。全ての花が終わったら3分の1程度の高さに刈り込み、新しい芽を出させると、秋にもう一度開花します。秋の9〜10月ごろにも再度刈り込みます。また、病気を防ぐため、株を清潔にし、花がらはこまめにとりのぞきます。

 

植え替え

花後の6月か、9〜10月に来年用のために古土を少しほぐして落として、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えには新根の発生を促し株を若返らせる効果があります。しかし、2〜3年で木質化して老化してしまうので、挿し芽で株を更新します。

 

殖やしかた

挿し木で殖やします。適期は6月か9月です。開花後または秋に出る芽を挿し芽するとよくつきます。刈り込みした枝を利用したり、若くやわらかい枝を選びます。葉を5〜6枚つけて茎頂を切り、下葉1〜2枚を落として挿し穂にします。用土は鹿沼土かパーライトで、十分に水をやり、半日陰で管理します。発根は容易で、2〜3週間後には十分に発根します。十分に根が出てから(挿し木後約1ヶ月)、4号鉢に植えつけます。用土は排水のよいものが適します。新芽が伸び始めれば摘心し、分枝を促します。2〜3回摘心を繰り返します。

 

病害虫

アブラムシがつくことがあります。

 

 

 

関連ページ

ひとつ前に戻る
---
あいあいパーク 見る 知る 買う 体験する 食べる 地図・アクセス トップページ
サイトご利用にあたってクチコミご利用ガイドプライバシーポリシー企業情報お問合せ
Copyright (c) 2000-2015 TGC Co., Ltd All right reserve.