ラベンダーの育て方

ただいまログインなし ログイン会員登録(無料)する
あいあいパーク
〒665-0881 兵庫県宝塚市山本東2-2-1TEL:0797-82-3570
トップページ 施設紹介 営業時間 アクセス メルマガ登録 新着情報 ネットショッピング クチコミ相談
インターネットショップ
グリーンショップ ペオニア
あいあいギャラリー
生活雑貨 たくみの森
グッドホーム大阪
フェア情報
開催中のフェア情報
その他のイベント
オープンガーデンフェスタ
講座情報
レギュラー講座一覧
無料園芸講座
寄せ植え講座
達人技ガーデニング 講座
団体来園講座
モデルガーデン
お庭づくりのプロ
コンテスト結果発表
【ライブラリーカフェ】
バンブルビー
【ベーカリーカフェ】
100円パンのヤキタテイ
あいあいニュース
あいあいパーク ネットショップ
 
ラベンダーの育て方
ラベンダー

● 分類:シソ科
● 属名:Lavandura
● 原産地:地中海沿岸


特 徴

Lavandulaはラテン語のlavare(洗う)が語源で、ローマ時代に入浴時の香水として使われていたことに由来しています。晩春から夏にかけて紫や白やピンク色の小さな花をたくさんつけ、芳香があり、「香りの女王」と呼ばれます。紫色の花が最もポピュラーで、ラベンダー色とは薄紫色を意味します。殺菌、消炎、鎮静効果のある酢酸リナリルを含んでいます。花や茎からとれるラベンダー油は香水などの化粧品の原料になります。

 

種 類

●イングリッシュラベンダー( アングスティフォリア系 )(学名:Lavandula angustifolia ) ラベンダーの代表的な品種で、最も香りが良いです。高温多湿に弱いです。寒さには強く、0℃以上あれば外で冬越しできます。
●フレンチ・ラベンダー( ストエカス系 )(学名:Lavandula stoechas)穂の頭にリボンのような苞葉があるタイプ。
●レースラベンダー (プテロストエカス系)(学名:Lavandula multifida) やわらかいシダのような葉に、特徴のある花の形ですが、香りは良くなく観賞用です。デンタータ系ほど耐寒性がないので、春まで室内の日当たりのよい窓辺で育て、夏は木陰の涼しいところに置きます。
●ラベンダー・デンタータ(学名 :Lavandula dentata)フリンジラベンダーとも呼ばれ、葉に細かい切れ込みがあり、ローズマリーのようなスパイシーな香り。フレンチラベンダーよりも目立ちませんが、花穂の先端に兎の耳のような苞があります。四季咲き性が強く、陽だまりであれば真冬も咲き続けます。また、暑さにも強く、生育旺盛で、強健なので、暖地向きで、初心者にも育てやすいです。

 

植え付け

播種では日数がかかり、発芽率もよくないので苗を植え付けます。日当たりと水はけ、風通しの良い場所に植えます。できれば傾斜のあるところが良いです。

 

水やり・肥料

もともと乾燥気味の環境を好みますので、表面が乾いてから水をやるようにします。肥料も控えめにします。

 

置き場所

鉢植えなら、梅雨時の雨を避け、軒下に置いたりしましょう。ベランダなどの床面が熱くなるようなところでは、レンガなどで鉢を持ち上げて、風が通るようにしてやるとだいぶ違うようです。

 

剪 定

夏が来る前に、蒸れないように切り戻しやすかし剪定をします。切り戻しは全体の形に合わせて、わき芽の上で切ります。すかしは内側の込んだ枝を付け根から切り取って間引きます。また、冬場に全体の1/3くらいの高さになるように剪定をしておくと、株が低く抑えられます。

 

植え替え

夏に植えかえたりすると枯れますので、春か秋の気候の良い時に行います。土がある程度乾いた状態で、根鉢をあまり崩さないように余分な土を落とし、ひとまわり大きめの鉢に植え替えます。庭植えのものはできるだけ植えかえない方がよいでしょう。

 

殖やし方

挿し木。春(5〜6月)と秋(9〜10月)のある程度温度(16〜20℃くらい)のあるときに行います。花穂のない新梢(少し硬くなったもの)を8〜15?に切り、下葉を4〜6cmとり、珪酸塩白土を少し混ぜたバーミキュライトを湿らせて、割り箸で穴をあけて挿し、半日陰において乾かさないようにします。

 

病害虫

ウドンコ病、アブラムシ。

 

関連ページ

ひとつ前に戻る
---
あいあいパーク 見る 知る 買う 体験する 食べる 地図・アクセス トップページ
サイトご利用にあたってクチコミご利用ガイドプライバシーポリシー企業情報お問合せ
Copyright (c) 2000-2015 TGC Co., Ltd All right reserve.