ラナンキュラスの育て方

ただいまログインなし ログイン会員登録(無料)する
あいあいパーク
〒665-0881 兵庫県宝塚市山本東2-2-1TEL:0797-82-3570
トップページ 施設紹介 営業時間 アクセス メルマガ登録 新着情報 ネットショッピング クチコミ相談
インターネットショップ
グリーンショップ ペオニア
あいあいギャラリー
生活雑貨 たくみの森
グッドホーム大阪
フェア情報
開催中のフェア情報
その他のイベント
オープンガーデンフェスタ
講座情報
レギュラー講座一覧
無料園芸講座
寄せ植え講座
達人技ガーデニング 講座
団体来園講座
モデルガーデン
お庭づくりのプロ
コンテスト結果発表
【ライブラリーカフェ】
バンブルビー
【ベーカリーカフェ】
100円パンのヤキタテイ
あいあいニュース
あいあいパーク ネットショップ
 
ラナンキュラスの育て方
ラナンキュラス

● 分類:キンポウゲ科キンポウゲ属 半耐寒性球根植物
● 学名:Ranunculus asiaticus
● 原産地:西アジアからヨーロッパ東南部地中海沿岸


特徴

ラナンキュラスは学名ラヌンクルスの英語読みです。原産地では、湿地に自生する多年草で、湿地に生えることと、葉の形がカエルの足に似ていることから、ラテン語のrana(カエル)を語源とします。もともと一重咲きだったものが品種改良された八重咲きの花で知られています。春に、八重咲きのバラのような豪華で美しい花が咲きます。花色も豊富で、赤、黄、白、橙、桃、紫、および複輪、またパステルカラーなどがあります。多くの園芸用品種が作出され、現在でも改良が盛んで、切り花にできるものも出ています。主な系統は、ビクトリアストレイン系(巨大輪万重咲で、育てやすく、一般的な系統) 、ドリーマー系 (オールドローズのような形の巨大輪)、ドワーフ系(草丈25cm程度の矮性種) などがあります。

 

株の選び方

葉が多く、花茎が太くて、よくしまった、花蕾の多い株を選びます。下葉の黄色いものは避けます。鉢植えを購入したときは、一回り大きい鉢に植え替えるとよいです。球根を購入する場合には、大きくて、折れたり傷みのないものを選びます。

 

栽培場所

日当たりが良く、排水の良いところが良いです。酸性を嫌いますので、事前に苦土石灰で中和しておきます。冬は室内に置くか、霜よけをします。ただし、花芽がつくには10℃程度の低温に一定期間当てることが必要です。

 

植え付け

球根の植え付けは、最低気温が10℃以下になる10月下旬以降から11月に行います。ラナンキュラスの球根はタコの足のが生えたような形をしていますので、とがった足先の方を下に向けて植え付けます。急速に水を吸わせると球根が割れてしまい、気温が高いと傷口からカビが発生して腐ってしまいますので、10月以前に植え付ける場合には、水を含ませたキッチンペーパーの上に球根を並べ、冷蔵庫の野菜室に入れておき、芽が出てから植え付けます。深さ1〜2cm、株間20cmくらいで植えます。

 

水やり

高温、多湿、極端な乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。花や葉に水をかけると病気が発生する恐れがありますので、根元から与えます。

 

肥料

植え付け前に元肥を与え、成長中には10日に1回液肥を与えます。

 

切り戻し

咲き終えた花は花茎の基部から切り取ります。黄色くなった葉も早めに取り除きます。

 

殖やしかた

気温が高くなると、葉が枯れて休眠状態に入るので、掘り上げて乾燥させます。 風通しの良い日陰で保管し、10月になったら植え付けます。自分で種を採取し、同じく10月頃に播き、日陰で乾かさないようにして、本葉3〜4枚になったら植え替えをすると3〜4月には花が咲きます。

 

病害虫

加湿や多肥にすると根が傷み、株元から腐る菌核病や灰色かび病が発生します。アブラムシ、ハダニ、ハモグリバエも防除が必要です。

 

 

 

関連ページ

ひとつ前に戻る
---
あいあいパーク 見る 知る 買う 体験する 食べる 地図・アクセス トップページ
サイトご利用にあたってクチコミご利用ガイドプライバシーポリシー企業情報お問合せ
Copyright (c) 2000-2015 TGC Co., Ltd All right reserve.